体内ビューティー
 

トライアルセット

トライアルセットって良く言いますよね。

筆者は、良く化粧水やサプリメントで、トライアルセットを利用します。
やっぱりこういうのって、自分の身体に合う合わないがありますし、
それをお手頃価格で判断できるので、
このような体験版みたいな商品は、全てのものにあってもいいような気がします。

そんな「トライアル」という語源なんですが、
これは和製英語では無く、イギリスの言葉です。
しかも、翻訳すると日本では「裁判」という意味になります。

え?!トライアルって裁判だったの?!と思ってしまいそうですが、厳密には違います。

日本で言う「公判」にあたるもの(具体的にはすごく似ている)らしく
公開で行われる事実審理のことだと言います。

実際にネットの翻訳機能を使っても
裁判=Trialと出てくる為、やはりそういう意味合いが強いようです。

日本でも、お試し期間をトライアル期間と呼んだりしますし、
企業などが、実験的に販売することもトライアルと言います。

たぶんどこかで使い方が変わってしまったのでしょうが、
本当の意味はかなり重かったんですね...

トライアルセットが販売されてる化粧品を探してて、
たまたま目にしたので気になって調べただけですので、
あまり深くは気にしなくても大丈夫だと思います。笑

明日使える無駄知識程度に留めておいてください。